画期的なボトックス治療【肌のリフトアップ効果がある】

様々な目的で使用される

注射

改善できる部位とは

ボトックスと言ってもその効果は注入部位によって異なります。ボトックスを注入することによって直接筋肉に働きかけます。筋肉の動きを抑制することが出来ますので、注入する部分により美容効果も違ってくるのです。若返りの治療の一環として使用されることも多いのですが、しわ部分に注入することによって筋肉の過剰な動きを抑制することができますので、表情筋が原因のしわを目立たなくすることが可能です。注入する量やボトックスの種類によって持続性が異なりますので注意しましょう。持続については約半年程度が目安です。注入後すぐに効果が現れるというよりも数日後に目に見えて分かるようになるという特徴があります。若返り以外にも痩身目的で使用されることが多いのですが、筋肉太りしたふくらはぎに注入すればスレンダーな脚に変身させることが出来ます。ふくらはぎは人によって過剰に筋肉が付きやすい部分でもあります。ダイエットのために運動してもふくらはぎの筋肉が余計についてしまうというタイプの人におすすめです。また、顔のエラ部分に注入すれば小顔効果も期待できます。咬筋が委縮して細くなるので顔をすっきりさせることが出来るのです。このようにボトックスは部位によって効果が異なる特徴を持っています。ボトックス注射を行う時にはまずはクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。人によって注入量が異なりますし、注入する部分がズレてしまえば当然現れ方も変わってきますので医師の診断がまずは重要になってきます。カウンセリングの予約を入れてから説明に納得がいけば施術日を決めて後日治療を受ける流れになることが多いのですが、クリニックによってはカウンセリング時にそのまま施術を受けることが出来るケースもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。ボトックス注射は数分で完了します。注射器を用いて気になる部分に注入するだけで完了なので、手軽な施術としても需要が広まってきました。部位によって持続期間も異なりますので、状態を維持したいのならば定期的に施術を受けると良いでしょう。定期的に受けることによって定着率も良くなります。ボトックスは筋肉の働きを抑制する効果がありますから、注入してからはしばらく注入部位に関しては過度に動かすのは控えるべきです。例えば、咬筋に注入した場合はしばらく固いものを食べるのは控えたり、ふくらはぎに注入したりした場合は激しい運動は控えたほうが効果が現れやすいのです。施術後の注意点なども理解した上で施術を受けるようにしましょう。

Copyright© 2018 画期的なボトックス治療【肌のリフトアップ効果がある】 All Rights Reserved.